​電子顕微鏡

Electron microscopy

走査電子顕微鏡によるイメージング
 
 

 より複雑な構造や現象を解明するためには電子顕微鏡を用いたイメージング法の高度化が重要です.右図はSEMを用いて磁区構造を可視化したものです.試料表面に興味深い迷路状の構造が見えていることがわかります.強磁性体は一般にこのような磁区構造を持っていますが、観察手法が限られています.当研究室ではこのようなイメージング法自体の高度化を図るとともに、その手法を材料にまつわる諸問題の解決に取り組んでいます。

 
research_fig3.png